キャッシング即日借り入れなら大手カード会社からの借り入れが一番現実的!

とにかく今日中に、何らかの方法でお金を“用意”しなくてはならない…。
親族や友人、カード会社から借り入れするのでもいい。方法は何でもいい。とにかく今日中にまとまったお金が必要なんです…泣。
こんな、ちょ?キワキワの状況を経験した事のある人もいるかと思います。
えっ?ないって???

 

でも、もしこんな状況に陥ったら、あなたならどうします?

 

そんな切羽詰った状況の時こそオススメなのが、大手のカード会社からのキャッシングによる借り入れです。最近では、14時までに申込みすれば、店頭に出向かなくても自分の銀行に振り込んでもらうことも可能ですし、最短30分で即融資!なんて歌い文句の会社も多く存在します。
でも、実際のところどうなんでしょう?
まずは大手5社の特徴を紹介しつつ、実際に借り入れする場合について、どこで借り入れするのがベストなのか?について考えていくことにしましょう。

 

 

新生銀行カードローン レイク
「新生銀行カードローン レイク」は、その名のとおり新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへと変貌を遂げました。カード会社からの借り入れに対して少し抵抗がある人からすると、これはちょっとした安心材料ですね。
利用条件は、満20歳以上70歳以下。安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能のようです。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5%〜18.0%(実質年率)
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:即時審査。最短40分融資! これはポイント高いですね。

 

また、レイクでは2つの無利息期間サービスから選べるようです。即時審査、即日振込もPC、スマホからの申し込みが可能で来店不要。申し込み→借り入れ→返済までもが完結できます。また、セブンイレブンなどに併設されているセブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料(!)。これは素敵!

 

 

プロミス
三井住友フィナンシャルグループの子会社で、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。こちらは、架空のフォークデュオ『プロミス』のCMでもおなじみですよね。そして借り入れする場合のメリットとしては、三井住友銀行のローン契約機を使えることなどが挙げられます。プロミスの利用条件は、20〜69歳、安定した収入があること。職業や年収などの制限はありません。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5〜17.8%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

プロミスの最大の魅力は、初回、契約日から30日間無利息という点でしょうか。もちろん借り入れする際は、インターネット上で申し込みから返済が完結できます。また、三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。これは今すぐ借り入れしたい人にとっては朗報ですよね。

 

 

アコム
大手消費者金融として、1978年から営業しているアコムですが、2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社になったのはCMなどで放映している通りです。借り入れの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能です。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.7〜18.0%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

アコムの最大の魅力もプロミス同様、初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロということでしょう。借り入れする際も、インターネット上で申し込みや実際のキャッシング、そして返済が完結できます。また他にも、楽天銀行で24時間振込み融資が可能。インターネットをよく使っていて、楽天銀行の口座がある人にはいいかも…。

 

 

モビット
モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融です。借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKですが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていないようです…。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:3.0〜18.0%
限度額:1万円〜800万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

モビットは、ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示してくれます。この10秒という数字は魅力的ですが、その他のカード会社の場合も、10秒ではありませんが、スピード審査をしているのは前述の通りなので、さほど突出したものではありません。こちらも、インターネット完結の申し込みで、来店不要、電話や郵便物もありません。

 

 

アイフル
独立系消費者金融として長年、営業を続けているのがアイフルです。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業しています。借り入れ条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外のようです。
細かい借り入れ条件は次のような感じです。

 

金利:4.5〜18.0%
限度額:500万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

アイフルも他社と同様、初回30日間無利息を行っています。また、以前アイフルで借り入れしたことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」や、女性専用ダイヤルが設けられていたりします。

 

 

さて、大手5社で借り入れした場合の契約内容やサービスを比較してみましたが、率直な感想は、ここで挙げたカード会社ならどれを選択してもさほど大差はないということ。正直、どこを選んでも問題ないのではないでしょうか。でもこれは逆に言えば、各社のサービス合戦は一応沈静化した証拠で、借り入れできる枠の増額キャンペーンといった具合に、新規会員はもちろん既存会員へのサービスにも力を入れているのかもしれません。

 

キャッシングで即日借り入れをしなくちゃいけない!あなたならこんな場合どうする!?

さて、筆者がなぜこんなにまで、「今すぐ借り入れをしたい時、どこを選んだらいいのか?」問題にこだわったかと言えば、それはつい先日、こんなトラブルがあったからです。

 

じつは財布を落としてしまったのです…。

 

財布に入っていた金額は大したことなかったのですが、とにかく身分証のたぐいから銀行のキャッシュカード、そして信販系のクレジットカードまで、ありとあらゆるものが入っていました。その中身をざっとあげると、

 

・ 免許証
・ 健康保険証
・ 銀行のキャッシュカード(3枚)
・ クレジットカード(4枚)
・ PASUMO(残り5カ月分の定期&チャージ5千円くらい…)
・ T-POINTカード(かなりポイントあり…泣)

 

泣きそうです…。悲劇はここで終わりません。
まず、銀行でお金を降ろそうと通帳を持って窓口に行ったところ、口座を作った時の印鑑がどれかわからなくなってしまい、結局、身分証の提示を求められる始末…。
あっパスポートがある!と思って見てみたら期限切れ…。
仕方なく奥さんに2万円を借り(すごい嫌な顔をされながら…)、一時をしのいだのですが、根本的な解決には至っていません。
結局、さらに奥さんに頼み込んで住民票を取ってきてもらい、それを握りしめて免許証の再発行に向かったのでした…。
この大いなるムダな時間ときたら、情けないったらありません。

 

さらに悲劇は続きます。。。
その財布の中に、前の週に出張した総額15万円の領収書(!)が入っていたのです。しかも仮払いをしたヤツです…。
経理からは毎日のように「早く精算しろ!」と内線がかかってきます。
でもそんなお金はありません。仮払いした現金で支払っていたため、履歴も何も残っていないので領収書の再発行もできませんわけです。
さらに運悪いことに、カードの引き落とし日が近づいています…。

 

もうこれは「今すぐ借り入れするしかない!」と思ったわけです。

 

キャッシングで即日借り入れするには身分と所得を証明する書類は必須です!

僕は結局、新生カードローン レイクで45万円を借り入れしたのですが、この時、わかった点がいくつかあります。それは思いたったらすぐに行動に移せということ。ウジウジしていても、状況は一向に変わらないのです。また、借り入れをする際には、最低限必要な書類があるということです。

 

まずは、身分を証明するもの。僕の場合は結局、免許証を再発行するまでは、借り入れの契約をすることはできませんでした。もしあなたが免許証を持っていなかった場合、健康保健証やパスポートなど、現住所が明記されているものが必要になってきます。これは免許証にも言えるのですが、住所変更などしていない場合は、現住所が明記されているものがないと契約できない場合があるようです。

 

次に、収入を証明できるもの。
これは向こう2カ月分の給与明細が必要になってくるケースが多いようです。また、勤続年数が少ない場合は、昨年から今年にかけて収めた税金を記した証書なども必要になってくることもあるので注意が必要です。

 

必要な書類はこれくらいでしょうか(僕の場合は最初何一つ揃えることも、代用品も揃えることもできませんでしたが…苦笑)。これらの必要書類が揃ってはじめて、カード会社は審査に入ることがのです。ですので、もしあなたがとにかく早く借り入れをお願いしたい!と思っていたら、まずはこれらの書類を揃えておくことをオススメします。

 

ちなみに審査基準には、どうやら以下の要素が重要視されるようです。

 

@ 安定した収入があるのか?
A 他社からの借り入れはどれくらいあるのか?
B 社会的信用があるのか?

 

@は当たり前の話で、借りたお金を返すための方法がない人はダメだということ。高収入である必要はありませんが、安定した収入であることが重要。逆を言えば、安定した収入さえあれば、主婦でも学生でも融資が可能ということです。

 

Aについては、他社からの借り入れがあまりにも大きい場合、借り入れを断られたり、希望した金額より低い金額の融資になることもあるようです。

 

Bはどういうことかといえば、たとえ一流の企業に属していたとしても、その会社に何年勤続しているかということも重要だということです。もし、あなたがまだ入社して1カ月しか経っていないとか、その前に会社をいくつも転々と渡り歩いていたりすると、融資を受けられない可能性が出てきます。

 

また、最近の各カードローン会社では、申し込み前にお借入れ可能かを事前に診断することができます。例えば、レイクでは「お借入れ診断」、アコムでは「3秒診断」、アイフルでは「1秒診断」といった具合に、借入れ可能かどうかを簡単に診断できます。ですから、自分が借りられるか不安な人は、こうした診断を利用しながら、必要書類を揃えて言ってもいいかもしれません。

 

というわけで、「即日 借り入れ」について、参考になったでしょうか?
あなたがもし、こんなトラブルに巻き込まれたら、是非とも思い出してみてくださいね。

急にお金が必要になったら即日融資可能なキャッシングがおすすめ!

毎日の生活を送る中では思いがけないタイミングでまとまった額のお金が必要になる機会も多いものです。月末になると生活費や食費が目減りして暮らしが窮屈になることもあるでしょうし、街中でのショッピング中にどうしても手に入れたいブランド品を見つけたり、あるいは仕事や友人関係の交遊費が必要になったり、急な冠婚葬祭に合わせて包むお金が必要になるなど、その可能性は実に様々。さらに結婚して家族のいる人ならば子供の教育費や家族揃って出かけるレジャー費、外食費、旅行費などの捻出も必要になります。もしもこれらの費用が不足するようであれば、消費者金融のキャッシングサービスを使うと手軽にお金を埋め合わせることができるでしょう。

 

このキャッシングには様々な手法がありますが、そもそもは手軽に契約できる少額融資のことを意味します。そして具体的な融資方法としては、借り入れ申請を行った金額を銀行の預金口座に一括振り込みしてもらうことが可能です。即日審査、即日融資が通常ですので、何らかの緊急性の高い支払いに迫られた際にも余裕を持って手続きを行うことができるはずです。

 

キャッシングは申し込み方法も簡単です。主にネットや電話、店舗窓口、郵送などの中からライフスタイルに合わせて洗濯する必要がありますが、最近特に利用件数が急増しているのがネット申請です。これはスマートフォンの保有率が上昇していることとも関係しており、個々人がスマートフォンで公式サイトにアクセスして深夜でも早朝でも自分の空いた時間を活用して申し込みを行っているわけです。この手法を通じた申し込みでは、申請フォームに氏名、住所、生年月日、職業、勤務先、年収、希望借入額などを記載し、なおかつ身分証や年収証明書の提示を行うことで申請が完了します。必要書類の提示においてはスマートフォンでこれらの撮影を行い、その画像データをアップロードしたりメール添付することによって先方に確認してもらうことが必要です。これらをファックスやコピーの郵送などで置き換えることも可能です。

 

何れにしてもキャッシングは平日昼間の時間帯であれば最短30分ほどで審査完了し、通過の連絡が入るとそれから数時間以内には即日融資が行われます。審査では信用情報機関への紹介を行った上で勤務先への在籍確認も行います。これらに問題がない場合に限って審査通過することができ、その後の融資が確定するのです。最近では利息制限法によって法外な年利を徴収することも禁じられていますので、多くの消費者金融において安心して即日融資を活用することができるでしょう。

即日キャッシングの比較のポイントを絞ろう

お金を借りるためのキャッシング業者はたくさんありますが、即日融資に対応している業者に絞ると、案外少ないため比較することも難しくありません。

 

例えば「金利」にポイントを絞った場合、金利が低い業者、と聞くと銀行系カードローンを思い浮かべる方が多いと思われますが、消費者金融であっても銀行系カードローンとほとんど変わらない業者も存在します。逆に銀行系カードローンであっても、消費者金融とほとんど金利が変わらない業者もありますが、その場合には無利息期間を設けているケースもあり、一概に「金利が高い=お得ではない」と言えるわけではありません。

 

「借入限度額」についても同様に、金融業者によって開きがあります。ほとんどの消費者金融系キャッシングにおいて借入限度額は500万円に設定されていますが、300万円と低く設定している業者もあれば800万円とかなり高い業者も存在します。ただし、消費者金融系キャッシングは総量規制の対象となりますので、年収の3分の1までしか借入を行うことができませんので、800万円という額まで必要になる方はそういないことでしょう。一方、銀行系の場合ですと、総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1以上の金額を借り入れることが可能です。

 

次に「審査時間」についてですが、即日融資も可能な業者であれば審査時間はどこも短く、大差ないようにも思えます。しかし金融業者が謳っているのはあくまでも「最短の審査時間」ですから、必ずその時間内に審査が終了し、借入ができる状態になるというわけではありませんし、申込の曜日・時間帯によっては翌営業日の取り扱いになってしまう業者もありますので、注意が必要です。

 

「申込方法」についても業者によって様々ですが、近年多くの業者がインターネットでの申込に対応しています。代表的な方法は、ネットで「申込みを行い、審査を受けている間に店頭まで足を運んでその場で契約を結び、カードを発行してもらう」というものです。この方法であれば審査の間お店で待つ必要がありませんので、時間を有効活用することができます。さらに便利なのが一部大手消費者金融が行っている「WEB完結型申込サービス」を利用する方法です。こちらのサービスを利用する場合には、店舗まで出向く必要がなく、全てパソコンやスマートフォンから手続きを行うことが可能になりますので、より手軽に、しかも素早い融資を期待することができるのです。"

 

即日借り入れOKのキャッシングサービスのメリット&デメリットを整理

最近のキャッシングサービスでは、即日融資というのは当たり前という状況になってきています。即日融資をしないというキャッシングサービスは魅力のない商品とみられてしまいます。それどころか、web利用での契約、審査時間も30~40分、無利息サービス期間の設定、24時間出し入れ自由等々のサービスが提供されています。

 

即日融資のメリットとして考えられるのは、まず審査時間が短縮されたということです。以前、銀行でローンを利用しようとすると1~2週間は審査にかかるのが常識でしたが、最近のキャッシングサービスの審査時間は30~40分です。最早以前と比べると異次元の速さです。申し込み手続きも簡単なため、申込みから契約まで1時間前後で融資を受けることができます。急にお金が必要になった場合には、これほどありがたいサービスはないわけです。また、最近では、指定銀行でインターネットバンキングを利用していると24時間365日振込サービスを提供している業者もあります。自宅パソコンからwebで申し込んだ場合でも振込サービスを受けることで当日中に融資を受けることが可能なのです。

 

このように至れり尽くせりのサービスなのですが、物事にはすべて表裏があるようにメリットがあれば必ずデメリットもあります。即日融資のデメリットとしてはどのようなことが考えられるでしょうか。まず考えられるのは、即日にすべてを押し込んでしまうことによるキャッシング業者としてのリスクの増大で、この分が金利に乗せられることになり高金利商品が増えるということになります。つまり、貸し倒れリスクが増加するため金利を上昇させるのです。以前のグレーゾーン時代と比べると金利は下がったと言いますが、マイナス金利時代に15%とか18%などというのは大変な高金利と言えます。

 

さらに、利便性の高さが借りやすさに繋がってしまいます。具体的には、審査が短縮化、簡素化されたことで、これまでだと借りられないはずの人でも借りやすくなったり、以前であれば親や友人に頭を下げて無利息のお金を借りるところが、あまりに便利なためにキャッシングサービスを利用してしまうということもあり得ます。忘れてはいけないのは、キャッシング利用者による多重債務者や自己破産者が増えているということです。

 

このように即日融資という大変便利なサービスには、利用者の使い方次第でメリットになることもありますが、逆にデメリットとなってしまうこともあるのです。

即日審査キャッシングの利用方法

急な予定や緊急事態の時など、持ち合わせが十分でなければ安心して対応することが出来ないこともしばしばです。日頃からしっかりと貯金をしている人であれば、急な出費に対しても問題なく対応することが出来るのですが、場合によっては貯金額以上の出費が必要になってしまうことも考えられるので「保険的対応策」を準備しておくことは非常におすすめです。

 

その方法の一つと言えるのが「カードローン・キャッシング」です。呼び方は違いますが、現状ではこれらを明確に区別して使っているところはほとんど無い為、あまり気にせずに選んでしまっても大丈夫です。ただ、場合によっては正確な意味で名称を使用していることもあるので、最低限度の違いくらいは覚えておいても良いでしょう。

 

カードローンの最も大きな特徴としては「即日審査・即日融資が利用出来る」と言う点でしょう。銀行からお金を借りるとなると、審査申込みや審査に数日〜数週間程度かかってしまうことが多く、緊急事態に対応できない可能性が高くなります。利用環境(返済時の負担など)では消費者金融などと比べると非常に優遇されていますが、その代わりに審査の基準は格段に高く設定されています。「今すぐにお金が欲しい」という事であれば、即日融資が可能なカードローンを利用すると良いでしょう。

 

即日融資対応のカードローンは、消費者金融と銀行どちらも取り扱っています。銀行に関しては取り扱いが無いこともありますが、最近では多くの銀行が「フリーローン」などの名称で即日融資に対応しているカードローンを取り扱っています。やはり審査のハードルは高くなるものの、通常の銀行ローン(目的ローン)よりは低く設定されていて、消費者金融よりも条件が良いことが多いので第一候補として考えても良いでしょう。

 

具体的な利用方法は各カードローン会社ごとに若干の違いがある為、専用WEBサイトなどをしっかりと確認することが大切です。大まかな方法としては、パソコンやスマートフォンなどからネット申し込み、もしくは電話で申し込むという方法が良く利用されています。店舗(窓口・自動契約機など)での申し込みも可能ですが、消費者金融の場合は人目が気になる人が多く居ます。

 

申込みをすると審査が行われ、結果次第では契約となります。融資は銀行振込みか専用ATMから出金する方法などがありますが、銀行カードローンを利用する場合は振り込みでの対応が多くなります。