キャッシングで即日融資を受けるための審査申込時間

即日融資サービスでの融資の受け取り方法は主に2種類があります。それぞれ利用開始までの流れが若干異なりますので、即日融資を受けるための審査申込時間の制約も変わってきます。

 

まず1つはインターネットから申込を行い、銀行口座への振込でお金を受け取る場合です。これは、カードの発行が必須ではありませんので、審査が問題なければインターネット上で契約まで完了することもあり、利用しやすい方法です。お金を受け取る方法は、インターネット上で借り入れの申請をすることで、銀行口座に振込してもらうというものです。審査時間の注意点としては、銀行の営業時間が影響するため、全ての手続きが平日の15時までに完了する必要があります。平日の14時までに申込が完了できれば、問題なく即日で融資を受けられる場合が多くなります。

 

もう1つは、自動契約機を利用する方法です。これは、インターネットから申込を行い、キャッシング会社の審査が終わったら、無人契約機を訪問して、その場でカードを発行してもらうというものです。ローンカードさえ手に入れば、提携しているコンビニATMなどで融資を受けることができます。この方法のメリットは、銀行の営業時間の制約を受けないことです。大手のキャッシング会社では、無人契約機の営業を夜の21時や22時まで行っていることもありますので、15時を過ぎても、審査が問題なければ即日融資を受けることができます。

 

なお、大手の消費者金融業者では、提携銀行のネットバンクを利用中ならば、24時間365日いつでも振込融資に対応している場合があります。ネットバンキングの申込は即日では完了しませんが、既に口座を利用中ならば、このサービスを利用すれば銀行営業時間外でも振込融資を受けることができます。

 

これら全ての方法で共通の注意点として、在籍確認があります。キャッシング会社は、しっかりとした返済能力のある人には即日融資にも積極的ですが、当日中に審査が完了しない場合はどうしても翌日以降に持ち越されてしまいます。当日中に審査が完了しない理由として多いのが勤務先が営業時間外のため在籍確認ができないというパターンなのです。在籍確認が不安ならば、予めキャッシング会社に電話以外で確認がとれないかを相談してみるのもよいでしょう。また、サービスによっては、社会保険証を提示するなどの条件を満たせば在籍確認をせずに利用できるものもあります。手元にある書類の提出で審査が完了できるならば、即日融資を受けられる可能性も高くなります。